商業レベルの曲が作れるようになりたいという気持ちが捨てられない。という話

タイトルのまんまなんですが。

 

商業レベルの曲が作れるようになったら、作家事務所に入ってコンペに挑戦してみたい。とか、売れっ子ボカロPになってCD売ってお金にしたい。とかないわけじゃないですけど、そういうのすっ飛ばして、ただクオリティの高いものが作れるようになりたい。んですよね。

 

でも、今の努力の仕方があってるかわからないし、プロとして活躍してる人(ボカロPか否かは関係なく)は1個楽器がプロ級に弾けたり、楽器はできなくても小さい頃からシンセをいじってたり、バンドをやってたことがあったり(高校の軽音部レベルでも)なんか武器になる経験を持ってる人がほとんどだと思うので、26で病気になって暇だから。で齧ってどうにかなるわけない。って冷静な部分ではわかってるんですけど。

 

それに、決してDTMとか音楽が好きなわけじゃないんですよね。聴くのはそこそこ好きだけど。作ってても楽しくない。公開してもマイリスもされない。ギターも弾いてても楽しくない。むしろ毎日触るのだるい...という。

 

好きじゃなかったらもっとだめだと思います。DTMが好きで好きでたまらなかったら、まぁ気付いたら違う景色が見えるということもあるかもしれませんけどね。

 

スマホのゲームして、スマホの電池が切れたらアニメ消化する。みたいな生活をしてても別にいいんだと思うんですよ。やってることはあんまり変わらないというか。でも、なんか諦めきれないんですよね。なんでだろ。

 

耳コピ耳コピの合間に少し隙間ができて、悶々としたので記事にしてみました。では。